2017年07月29日

広小路亭定席

うちの師匠がトリで
「播州皿屋敷」。

各地に伝わる皿屋敷伝説の
おおもとのハナシ!


マクラでは、
型破りな田辺一鶴先生への憧れと、
型にはまること、定番、王道、の持つ安心感と。

型を破るには、パワーがいる。
年をとると、
新作でも、定番の勧善懲悪の作り方になっちゃう、と。

揺れる、ベテランの心を吐露してました(^^)




琴柑は「曽我物語 源氏挙兵」。

「曽我物語のそこは聴いたことナイよ。
ていうか、何故そんな地味な箇所を選んだ!?
有名なとこを読めばいいのに…」と

楽屋で先輩に言われたくらい、レアなところ。


「話の旨味は少ないですよ〜」と
お客様に前置きして読みました。

読み進めて行き、
もう一場面入れる予定が、時間が足りなくなり、
後半を端折って、切れ場を作って切った。


その場での生編集で、なんとかするッ
連続講談の醍醐味八分音符


案の定、お客様の眠気も誘ったみたいですが
一生懸命聴いていてくださる方も
わりといましたし、

こういう演目を試せる
定席は、やっぱりありがたい!!
posted by kinkan at 01:11 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする