2017年07月16日

可龍師匠の会。出版記念パーティ。

1500177890246.jpg三笑亭可龍師匠の会、お世話になりました八分音符八分音符
お久しぶりの師匠!!
前座時代の、太鼓の先生です平謝り

とくに区別があるわけではないですが、
どちらかというと
前席は落語ファン向けに、軽く。
後席は講談ファン向けに、軍談を。
という構成にしました。

落語ファン向けにもイケるな〜っていう講談ネタ、
自分の中では限られてるんですよねあせあせ(飛び散る汗)

落語会では落語ファン向けに選ぶのが基本ですが、
時には硬派なのにもお付き合い頂こうかな…
というこの頃です。
 
星2星2星2星2星2星2

吉田修先生出版記念祝賀会バラバラバラ

@学習院大学内のラウンジ松本楼。

『東都講談師物語』。
東京の講談師、各派の来歴をまとめたもの。
後世に貴重な資料、文献として残る
立派な御本が完成しました!!


僭越ながら琴柑が、
祝賀会の司会をつとめさせて頂きましたo(^-^)o


開会前、うちの師匠が出したスタンド花花束
差出人の名前が「室井琴星」になってるあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
指摘して花屋さんが直すも
手書きでペタッと「宝」を貼ったあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


宴半ばの抽選会では、担当の山緑兄さんが、
一番初めに、自分の番号を当てるという珍事!
「八百長だ!」と突っ込んで盛り上がりました(^^)/


もちろん、各先生方のご挨拶は
素晴らしいもので<(_ _)>


お客様には、楽しく過ごして頂けたようで
よかったです(*^。^*)


ノート2(開)こちらの御本を購入したい方、
著者の先生に言って頂くのが最短ですが
もし入手方法がわからない方には琴柑が
仲介もできますので、ご一報くださいませノート2(開)
posted by kinkan | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする