おかげさまで 2019年10月14日 真打昇進し 五代目宝井琴鶴を襲名いたしました。
サイトの仕様、メールアドレス等は 時期をみて 琴鶴名義 へ移行いたします。

2022年01月01日

講談教室 宝井講談修羅場塾・初心者コース / こどもコース   《声が出る!人前がこわくない!講談で声のエクササイズ!》

宝井琴鶴の予定「告知」ページは こちら ↓
🌟🌟🌟🌟🌟

978-4-7791-2409-9.jpg平成30年2月発刊。











宝井講談修羅場塾初心者コース

宝井講談修羅場塾塾長・本コース講師  宝井琴星  
初心者コース・こどもコース講師 宝井琴鶴
宝井講談修羅場塾は、六代目宝井馬琴により昭和51年1月に本牧亭でスタートし、約40年。
平成24年2月より初心者コースを新設。平成31年4月より他所で開催していたこどもコースを吸収し塾内に新設。
1504718622545.jpg

お江戸日本橋亭にて発表会を年2回開催。
(未経験から2〜3カ月で、高座に上がる方も!)

【日】月2回 土曜または日曜 こどもコースは少人数制、時間・料金など別途お問い合わせください) 
【場所】西日暮里 ふれあい館 西日暮里駅徒歩5分

         11:00〜13:00

    茅場町 二・三丁目町会会館 茅場町駅徒歩1分

         10:30〜12:30 

     茅場町会場 地図↓↓↓

茅場町二・三丁目会館地図.jpg

【受講料】2千円(1回につき) 【見学無料】

受講生随時受付中
興味のある方はお気軽にお問い合わせください

宝井琴鶴

電話/FAX 050−3488−6617
メール takaraikinkan【アットマーク】mail.goo.ne.jp

上級者の方は、琴星の「本コース」へどうぞ

初心者コース会員制ブログ↓
(連絡用です。パスワードは塾生の方にお教えします)

kinkansensei-2.jpg画:ゆずきよサン
posted by kinkan at 00:00 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月31日

10月いろいろ高座つとめさせて頂きました。

1601904620575.jpg
講談協会中野講談会。
中野で琴鶴独演会(ゲスト林家正楽師匠の紙切り、大好評!)。
どちらも、なかの芸能小劇場にて。
写真は講談協会。左より、銀冶、いちか、琴鶴、山緑、一乃 (敬称略。以下同じ)

20201021_160348_4.heic
なでしこくらぶ主任&誕生日
(お祝いありがとうございます。九州からはバラが届きました!)
写真は左より、こなぎ、すみれ、琴鶴、織音

DSC_0403.JPG
講談協会 新真打
神田菫花初主任興行 おめでとうございます!


P1010301.jpg「市川市誕生物語」市川市にて口演。写真は、村越市長と。

DSC_0428.JPGDSC_0430.JPG
師匠琴星と静岡県の小学校公演。
主催は「宝井馬琴監修」と今も入れてくださっています。
伊豆市熊坂と、湖西市白須賀。
コロナ禍での開催、ありがとうございました。運動会も縮小された中、貴重な行事となったそうです。
写真は、伊豆箱根鉄道の無人駅・大仁(おおひと)駅前に佇む師匠。
長嶋茂雄ロードと足湯がありました。
師匠としみじみ大師匠の思い出話ができた、よい旅となりました。
posted by kinkan at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月27日

11月12月の予定 随時加筆します


11月18日(水)13:00 なでしこくらぶ 両国亭
1500円  琴鶴は「出世浄瑠璃」



11月19日(木)13:00 連続講談勉強会 両国亭
1500円  琴鶴は「鼠小僧次郎吉」の連続読み。



11月27日(金)19:00 新宿 道楽亭
一龍齋貞寿 宝井琴鶴 二人会
それぞれ2席 打上げ無し     
同時オンライン配信あり。詳細は道楽亭のサイトへ。   
2500円  03-6457-8366道楽亭



11月29日(日)14:00 宝井琴鶴 
神奈川をよむ 
横浜にぎわい座 芸能ホール

お席のディスタンスを取るため、上の大ホールにて開催することになりました。
2階席まである390名のホールに、主催のにぎわい座さんのコンセプトで
ゲスト無し、前座さん無し、最初から最後まで琴鶴オンリーの独演会。
どうぞお運びくださいませ。

【10月1日チケット発売】 ご予約は、主催の横浜にぎわい座へお申し込みください。
045−231−2515(にぎわい座)

20201129宝井琴鶴.jpg


12月2日(水)19:00 新潮講座



12月6日(日)岩手・北上  歌奴 小志ん 菫花 琴鶴



12月14日(月)14:00 港区高輪図書館
義士伝  宝井琴鶴 木戸無料 事前申し込み制



12月18日(金)18:30−20:20 第十二回チャリティー演芸会
師走は笑って!の巻  ストリートチルドレン支援
祝真打・宝井琴鶴  立川らく次  春風亭ぴっかり  立川らく人
当日2000円 前売1800円  会場・SYDホール 代々木駅5分 千駄ヶ谷駅7分 
問 電話03-3405-5441(SYD) / E-mail info@syd.or.jp



12月19日(土)13:00 本牧新鋭講談会
御茶ノ水・スカイルーム太陽  琴鶴は「三方ヶ原軍記」の連続読み




12月26日(土)13:00 講談土曜特選会 年忘れ宝井まつり
お江戸日本橋亭

前売・ご贔屓連割1500円

いちか 琴鶴「新釈太平記」  琴調「雪の夜話」  琴星「福沢諭吉」  琴柳「徂徠豆腐」

問03-3272-6888講談協会



12月27日(日)10:00 宝井琴鶴独演会
なかの芸能小劇場

ゲスト 東家一太郎・美(浪曲)    前講 神田伊織
2800円(お連れ様とご利用できる、お得な回数券もございます)
主催・オフィス10 電話03-6304-8545  E-mail  office10.jyu@gmail.com








1091.gif上記の会につきましてのお問合せは
主催者様または、琴鶴ご予約窓口↓
050−3653−5190(留守電対応)
メール takaraikinkaku【アットマーク】gmail.com
まで。 
posted by kinkan at 00:00 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

10月18日10:00中野の独演会、終了しました。

第一回目をようやく迎えることができました

4月が中止、7月も中止、ここまで長かったですね・・・。

前売チケットをずっと持っていてくださった方も、ありがとうございました。
ようやくご利用でき、ほっとされたのでは・・・。

主催オフィス10さんの会への出演は今回が初めてで、私も手探りでした。
会場も感染予防対策のため、いろいろルールがありまして、ご不便をおかけいたしました。
ご協力ありがとうございました。
ホール自体は、観やすい、聴きやすい、椅子も座りやすい、と評判がよかったですね。


ゲストには 紙切りの 林家正楽師匠!! 
お客様方に喜んでいただけて、私も嬉しかったです


琴鶴の演目は

五條橋〜杉原千畝〜出世浄瑠璃


ご常連様もご予約くださっているけれども、新しい会ということで
もしかしたら琴鶴を初見の方もおいでかしら?と、ザ・講談的な古典、師匠の創作、明るい古典。
色んな話をぎゅっと並べてみました。


ようやくここからスタート!
次回は12月27日10:00。ゲストは浪曲の東家一太郎さん美さん。
朝早いですが、是非〜

(回数券ですと少しお得になります。ご友人と一緒にもご利用可能です)

posted by kinkan at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月20日

【動画公開】第11回 自宅待機講談会 

【動画公開】 第11回 自宅待機講談会 

連続講談 倭建命 「弟橘媛入水」


クリックすると見られます

↓↓↓



マクラでは、新真打・神田菫花先生の興行のご案内も話しています
posted by kinkan at 00:00 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月14日

【動画公開】インド古典舞踊 × 講談

インド古典舞踊と講談。

日印文化融合🍛🍣新鮮な動画作品が完成しました!

クリックするとYouTube動画が観られます。
(無料)


講談で インド神話 ✨✨✨
ぜひご覧くださいませ🙏🙏🙏


琴鶴のお気に入りは、講談が終わった後の
エンディング。
全員集合シーンです🎵

1602653988083.jpeg

1601478956250~2.jpg
IMG_kajgch-d4dbd.jpg
posted by kinkan at 00:00 | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

宝井琴鶴講談会 特別編 秋の鍛錬 終了しました。

ご来場いただきまして誠にありがとうございました

本公演は文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」の支援を受けられることが
直前に決まりまして、急きょ賑やかな番組内容となりました。

前座は二人体制で
田辺一記、田辺凌天、

ゲストは若手真打二人
寿新真打 三遊亭楽大 落語「錦の袈裟」、
一龍斎貞橘 「義士 二度目の清書」

琴鶴は「瞼の母」「生誕200年 クリミアの天使 ナイチンゲール」


楽大師匠は愛されキャラクター!昇進おめでとうございます。
楽屋がなごみます。前座さんもなつきます!

写真は、遠近法+マスクで小顔になっていてずるい・・・。
実物はわりとボリューミーな方です!
DSC_0005.JPG


他の方の写真を撮る暇がなくてごめんなさい!


貞橘先生の演目は、出番前に、トリの前の出番ではあまり掛かることのない
重厚感のある話を希望しまして、すっと応じていただきました。(感激)。

落語でリラックスした後は、ザ・講談で引き締め、
初めましての方もご常連様もおられる、本日のお客様にぴったりの番組になったと思います!
(自画自賛)。

お客様方にもいつも気遣って頂き、親切にしていただいておりまして、
楽屋見舞いもありがとうございます。楽屋一同で分けてお土産にいただきました。
(前回は感染予防に厳戒態勢でしたが、今回はお差し入れは頂戴し、終演後のお見送りもそっとさせて頂きました)。


後輩たちには感謝され、先輩には「自分も新真打で今年は打撃を受けているだろう中、後輩を祝ってえらいね〜」
というようなことを高座で仰って頂き。
後輩先輩あっての私であることが身に沁みます。


文化庁の支援のおかげで、思い描いていた通りの会が実現しましたが、
もちろん、支えて下さっているお客様方があっての企画です
「理解あるお客様方に支えられ、講談文化、演芸文化、の振興に寄与しましたよ…」と報告書をまとめたいと思います。


今回で弾みがついたといいますか、苦しくても自分主体の会は開催し続けなければと、つくづく思いましたので、引き続き秋冬も模索していきます。
どうぞご贔屓くださいませ。
posted by kinkan at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする